Help

茨城交通ケハ601

  • 11

Photos: 茨城交通ケハ601

Photos: 20051118東京地下鉄5000系アルミ車@北綾瀬 Photos: 大井川鉄道モハ1105廃車体

茨城交通湊線(現ひたちなか鉄道)のケハ601は、新潟鐵工所製で、日本初のステンレス製気動車である。昭和30年代は、各車両メーカーが競ってステンレス製車体の開発、試作を行っており、ケハ601も、そうした時代背景から登場したものと推測される。結局、この1両のみで増備されることはなかった。

茨城交通は、かつて、自社発注の気動車には軽油動車を意味する「ケ」の記号を用いており、ケハ601は、「ケ」を用いた最後の車両となった。また、前面窓上部の明り取り窓やリコ式つり革を装備するなど、かなり特徴ある車両である。

この写真を撮影した前年に廃車となり、後に足回りを撤去され、現在は車体だけが倉庫として那珂湊駅構内に現存している。

1992.7月頃 茨城交通湊線 那珂湊駅 PENTAX LX+TAMRON SP90/2.5(52B)

Tag: 試作車

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.